用途地域とは?

簡単に言うと、住むための家、商売するための建物、工場など、ここにはこんな建物をつくってもいいですよと、用途地域ごとに法律によって建築制限しているものです。

全部で13種類あり、地域ごとに建てられる建物が異なります。下のような一覧になっています。

用途地域の種類一覧

第一種低層住居専用地域・・・住居もしくは住居を兼ねた上で条件を満たす店舗、コンビニ不可
第二種低層住居専用地域 ・・・ 住居もしくはある程度の店舗、コンビニ可               田園住居地域 ・・・ 第二種低層住居専用地域 + ビニールハウス + 生産資材の倉庫 や店舗
第一種中高層住居専用地域 ・・・ 住居もしくはある程度の店舗、中規模な公共施設、病院・大学
第二種中高層住居専用地域 ・・・ 住居もしくは事務所、小規模スーパーなど
第一種住居地域 ・・・ 住居もしくは中規模のスーパー 、小規模のホテルなど
第二種住居地域 ・・・ 住居もしくは店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックスなど
準住居地域 ・・・ 住居もしくは第二種住居地域の施設 +小規模の映画館、車庫・倉庫など
近隣商業地域 ・・・ 住居もしくはほとんどの商業施設
商業地域 ・・・ 住居もしくはほとんどの商業施設、高層ビルや風俗営業も可
準工業地域 ・・・ 住居もしくは軽工業の工場等
工業地域 ・・・ 住居もしくは工場、学校・病院・ホテル等は建てられない
工業専用地域 ・・・どんな工場でも建てられるが住居不可

下に行く程、住む以外の商売を行うことがメインになってくる地域になります。ビルや高層マンションを建てたい場合は商業地域ですとかなりの規模の建物を建てることが可能です。

工業専用地域は住居として住むことが出来ない地域になりますのでご注意ください。

用途地域を検索したい場合には、役所のページから調べることが出来ますので「○○市(東京23区の場合は○○区) 用途地域」などで検索してみると良いでしょう。

未分類

Posted by tochi