瑕疵担保責任とは?

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を理解しよう

瑕疵とは傷や欠陥、不具合などのことです。

売買対象物に隠れた瑕疵がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことを「瑕疵担保責任」といいます
隠れた瑕疵があった場合、買主は、売主に対して契約解除や損害賠償の請求を主張することができます
なお、契約解除や損害賠償の請求ができるのは、買主が契約の際に瑕疵の存在を知らなかった場合で、かつ、知らなかったことについて買主に落ち度がない場合となりますので、契約書や重要事項説明書に記載されている場合は、知った上で購入したとみなされます。

建物の場合は一般的に、構造部分の欠陥や建物の雨漏りなどが隠れた瑕疵に該当しますが、土地でいう瑕疵は、軟弱地盤、不動沈下、土壌汚染、地中埋設物など物理的瑕疵によって想定外の費用がかかる場合、法律的瑕疵によって建物が建てられない場合などは土地の隠れた瑕疵に該当します。

個人の方が瑕疵を見つけることは困難ですので、自分は不動産のスペシャリストだというくらいよほど自信がある方以外は不動産会社を仲介に入れた方が良いでしょう。

既に不動産を購入されたことがある方はご存知だと思いますが、契約書や重要事項説明書の特約やその他重要な事項にはびっしりと色々な文言が記載されています。

裏を返せば、不動産会社は「契約時にしっかり説明しました」ということを示すために記載してますので、契約書や重要事項説明書に記載がない内容は不動産会社が仲介責任を負わなくてはいけない可能性があるということなのです。

たまに不動産購入をする時に仲介手数料がもったいないから直に取引出来ないかな?と考える人もいますが、何か問題があった場合に、売主だけでなく仲介会社にも責任を追及出来る安心料だと思えば仲介手数料の見方も変わってくるのではないでしょうか?

未分類

Posted by tochi