土地家屋調査士の仕事って?

土地家屋調査士の仕事

土地家屋調査士はよく測量士と呼ばれます。

正確に言うと土地家屋調査士と測量士は違う仕事なのですが、おそらく測量をする人という意味で測量士と呼ばれているのだと思います。

一般的に個人で土地を購入する時、もしくは売却する時には、土地の面積を確定させるために土地家屋調査士に頼みます。

なぜなら、土地や一戸建てを購入する際には、自分の敷地がどこからどこまでなのか明確にしないと以下のようなトラブルが発生する可能性があるからです。

ケース1

土地を購入した後に、自分が買った敷地だと思っていた土地が隣地の人のものだったことが判明し、計画していたプランが入らなくなってしまった。

ケース2

購入後、隣地の人にうちの敷地内に物を置かないで欲しいと言われてしまった。

ケース3

古屋付きの土地を購入し、購入後自分の敷地内の塀だと思って壊したら共有の塀なんだから勝手に壊さないでくれと言われてしまった。

これらはほんの一例ですが、しっかりと境界を決めないと色々なトラブルの原因になります。

そのため事前に売主が測量を終わらせておくか、契約後に土地家屋調査士に依頼をして、引き渡しまでに測量士を終わらせてもらうという契約が一般的です。

実際に行う仕事内容

現況測量

・敷地の面積を割り出し、測量図という図面に起こし書面上でも分かるようにする。

確定測量

・敷地がどこまでなのか見て分かる状態にするために、隣地の方と立ち合いの上、署名・捺印をもらい境界標(境界プレート)を埋め込む。

・その内容をもとに敷地の面積を割り出し、測量図という図面に起こし書面上でも分かるようにする。

メインの仕事としては上記の2つです。

おおよその土地面積が知りたいのであれば、現況測量だけでも良いのですが、現況測量は隣地の承諾を得ていないので、後々面積が変わる可能性があります。

ですから実際の不動産取引では、確定測量まで行われることがほとんどです。

また、必要に応じてにはなりますが

官民査定

市や区との道路の取り決め

分筆登記、合筆登記

土地を分割する、または別れた土地をまとめる

地籍更生登記

登記簿謄本の面積とズレていた場合修正する

滅失登記

解体済の建物の登記簿謄本の記録を消す

通行掘削の許可取得

私道の持分を持っている人達に通行する許可と工事の時に前面道路を掘削する許可をもらう

高低測量

地面の高さを測る

越境確認

隣から雨樋や屋根などがはみ出していないか、またはこちらから隣にはみ出していないかをチェック

などの作業を行うこともあります。

土地家屋調査士の年収と将来性

土地家屋調査士の年収はおよそ400〜800万で平均年収600万程になります。

高いとは言えませんが、士業の独占業務という専門性、また隣地の方も専門家でないと署名、捺印しない(境界を認めない)という方もいらっしゃいますので、AI化で仕事を奪われてしまう可能性が低い職種です。

地方は人口減少の影響を受けますが、都心付近で就職するなら今後も需要のなくならない職種ですので、そこまで給料は高くなくてもいいけれど、将来的に無くならない安定した仕事をしたいという方にはおすすめ出来る職業です。

未分類

Posted by tochi